その素材は溶けません…

トイレのつまりの原因の中には、トイレに流してはいけないものを流してしまうといったものがあります。そもそもトイレに流してはいけないものとは何なのでしょうか。まず、トイレの中は外側の開けた部分よりも狭い部分が排水溝のパイプとして外につながっています。そこを通ってトイレの水や内容物が運ばれるのが基本的なトレイの仕組みです。

しかし、トイレの仕組み上、水に流した状態でそれが排水溝の内部をふさいでしまうということがたびたび生じえます。それがトイレのつまりとして現れます。長期的に発生せざるを得なかったものから、その流した一度の行動で排水パイプやトイレの排水口がつまるかのいずれかが生じる場合があります。

それが解けにくい素材であれば、時間をかけてトイレの排水パイプの内部を詰まらせていくことになります。時間差で詰まった上体から水が減少していくということが起こるのもトイレのパイプのつまりによるものだといわれています。素材はトイレットペーパー以外基本的にトイレで流すことはできず、水に溶けやすく作られた特別なもの以外はトイレに流さないことが必要です。特に水に全く溶けない油脂性の物質は絶対に流してはなりません。